REDS GO TO ASIA!! 済州島のスタジアム情報

投稿者: | 2017年5月23日

先日のソウル遠征のついでに済州島で済州ユナイテッドvsガンバ大阪を観戦してきました。浦和レッズの次の相手が済州ユナイテッドに決定したということで済州島のスタジアム情報を書き留めておこうかと。済州島に行かない人には全く役に立たない記事です笑

済州島で試合をするということ

まずはじめに、全北、ソウル、水原や浦項などの韓国のACL常連クラブに割って入ってきた済州ユナイテッドというチームと対戦できることは滅多にないということを強調しておきたいのです(何様)。済州ユナイテッドは今回を含めてACLに2度出場していますが、日本勢で対戦したのはガンバ大阪のみ。済州にとって日本勢では浦和が2チーム目の対戦相手となります。つまり済州はかなりのレアキャラ。韓国のハワイ、いや、東洋のハワイである済州島で浦和の試合を見るという経験はそうそうできないことなのです。

さらに、今回試合が行われるスタジアムは済州ユナイテッドが普段ホームで使っている済州ワールドカップ競技場ではなく済州総合競技場。U-20のワールドカップが開催される影響で浦和戦はこの会場で行われることになりました。済州ユナイテッドが総合競技場で公式戦を行うのは6年ぶりのことだそうです(ワールドカップ競技場が使えない影響でリーグ戦でも一時的にこの会場を使用しています)。

さらにさらに!このスタジアム、照明設備が十分でないためなんと水曜日のお昼15時キックオフに。相手がレア、スタジアムもレア、しかも平日の昼開催というレア3拍子(?)がそろったアウェイ済州ユナイテッド戦。一生の記憶に残る遠征になること間違いなし!()

スタジアムについて

先述した通り済州ユナイテッドが普段使用しているホームスタジアムの済州ワールドカップ競技場はU-20FIFAワールドカップで使用されるため(しかも済州戦の24日に試合が開催されます)今回は済州総合競技場という陸上競技場での開催となります。総合競技場は陸上競技場でピッチが遠く、スタジアム自体も結構老朽化しているのでぶっちゃけク○スタです。ワールドカップ競技場はサッカー専用スタジアムで見やすいだけに使えないのが残念ですが、総合競技場は空港からのアクセスが良いため試合が見れればそれで良いという人には好都合かもしれません。

スタジアムの立地

赤いピンが済州国際空港、緑が済州総合競技場、青が済州ワールドカップ競技場。済州総合競技場は空港からバスで約10分、ワールドカップ競技場は空港からバスで約1時間半かかります。

済州総合競技場へのアクセス

空港から車で約10分と近いのでタクシーを使っても大した金額にはならないでしょう。タクシーが最も手っ取り早く確実です。空港のGate 2にタクシー乗り場があります。ただなるべく節約したいという人にはバスをおすすめします。空港からスタジアムに行くには空港のGate 2を出てすぐのバス停(City Busという標識があります)に行き100番バスに乗車、済州市外バスターミナルバス(Jeju Intercity Bus Terminal)停で下車。スタジアムまでバス停から徒歩10分弱です。バスに乗るときは整列せずにドアの周りに人が集まって早い者勝ちで乗るという文化なので、乗車時は周りの流れに遅れないように。

スタジアム外観・内観

実はこの前済州島に行ったときにもしかすると済州総合競技場で試合をすることになるかもしれないと思い、スタジアムまで足を運んできました。案の定その嫌な予感が的中しました!涙

スタジアム外観。2万人収容できるそうです。

中に入れてしまいました。メインスタンド一階。ここで試合前に選手が待機します。

メディアルームやドレッシングルームなど。

なんとグラウンド内にも入れてしまいました笑 スタジアムは全席個別席です。

ベンチが隅の方に置かれていました。

メインスタンドにしか照明がついていません。これではナイターゲームは開催できませんね。

北側のスタンドにのみ電光掲示板があります。

アウェイ席はメインスタンドから見て左側(北側)です。北側はアウェイサポーターに全解放される見込み。チケットの値段は40000ウォン(約4000円)です。高い。高すぎる。

済州vs水原がここで行われた時のアウェイ水原サポーターの様子。

済州サポーターの多くはバックスタンドに陣取っていた模様。

(済州総合競技場の詳しい様子は2017 ソウル遠征記 三日目【FCソウル戦当日】にも書いています。)

試合後にU-20FIFAワールドカップを観戦する

済州戦と同日の24日に済州ワールドカップ競技場でU-20FIFAワールドカップの試合が2試合行われます。対戦カードは、

ザンビア vs イラン (17時キックオフ)

コスタリカ vs ポルトガル (20時キックオフ)

というなんとも地味な組み合わせ。いずれもグループCの試合です。

済州vs浦和の試合が15時キックオフなので試合終了がだいたい17時。総合競技場近くにある済州市外バスターミナルからワールドカップ競技場のそばにある西帰浦(ソギポ)市外バスターミナルまでバスで約1時間半で行けるのでうまくいけばザンビアvsイランの後半から観戦することが可能です。

済州ワールドカップ競技場へのアクセス

済州ワールドカップ競技場は済州国際空港や済州総合競技場のある済州市とは真反対の西帰浦市に位置しています。もちろん済州市からスタジアムまでタクシーで行くという方法もありますが、所要時間が一時間以上かかるのでタクシーだと節約したい人にとっては痛すぎる出費。そこでバスです。済州島には済州市外バスターミナルと西帰浦市外バスターミナルという2つの大きなバスターミナルがあるのですが、それぞれ済州総合競技場と済州ワールドカップ競技場のすぐそばなのでこの2か所は比較的移動しやすい場所にあると言えます。済州市外バスターミナルから781、782番(780番代)のバスに乗り西帰浦市外バスターミナルで下車。スタジアムまで徒歩約5分です。

参考にどうぞ。変更箇所がある可能性もあります↓

済州島長距離バス路線図

バス乗車時に念のため「Seogwipo bus terminal?」などとバスが確実に西帰浦の市外バスターミナルへ行くのかどうか運転手に確認することをおすすめします。運転手は英語を話せない&理解できないことも多々あるので、文章で聞くのではなく単語で行先を伝えた方が通じやすいでしょう。

赤いピンが西帰浦市外バスターミナル、青いピンが済州ワールドカップ競技場です。

※ Googleマップで「Seogwipo intercity bus terminal」と検索すると旧西帰浦市外バスターミナルの位置が表示されます。ご注意ください。

スタジアム外観・内観

済州vsガンバの試合を見たときに撮った写真をいくつか。

メインスタンドを裏から。

メインスタンド上層は特に傾斜が急です。なお上層はグループステージの試合では開放されません。

バックスタンドから。圧巻。美しい。

ゴール裏はこんな感じ。

専スタなのでどこからでもピッチが見やすくなっています。

チケット売り場はメインスタンドから見て左側のゴール裏(北側)にありました。(他の場所でも販売している可能性があります)

※チケットはFIFAのページから事前購入できます。24日はチケット一枚で2試合分観戦可能です。

(ワールドカップ競技場の詳しいことは2017 ソウル遠征記 二日目【済州島編】にも書いています。)

どうでしょうか?済州ワールドカップ競技場、行ってみたくなりましたか?(私は夜に行われる上海上港vs江蘇蘇寧の試合を宿でのんびり見たいので行きません笑)

対戦カードもパッとしない上に遠いですが、スタジアムはサッカー専用でとても見やすいのでスタジアム好きなら行って損はないかと思います。むしろ済州島まで来たなら行くしかないでしょ!(誰) 駄文失礼しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です